現在の位置

放射線量点検調査結果(小・中学校)平成24年度実施更新日:2019年12月23日

ホットスポットの調査(平成25年2月実施)

これまで、市内の小・中学校の空間放射線量の測定を実施してきましたが、放射線に対する市民の安全・安心を図るために、局所的に放射線量が高いと思われる箇所(ホットスポット)の点検調査を行いました。測定箇所については平成23年度に除染作業を行った箇所を中心に行いました。

測定方法

  1. 測定機器  株式会社堀場製作所  環境放射線モニタRadi(PA-1000)
  2. 測定高さ 地表1センチメートル
  3. 測定日  平成25年2月22日(金曜日)から2月26日(火曜日)
  4. 測定場所
放射線ホットスポットの測定場所
測定項目 小学校 中学校
測定箇所施設数 8 3
測定箇所数 52 23
測定場所 雨どいの下、雨水排水ます、側溝など 雨どいの下、雨水排水ます、側溝など

放射線量低減対策(除染)について

「東松山市放射性物質除染方針」に基づき、除染基準を超えた箇所の除染を行いました。表は、それぞれの施設の空間放射線量率で、最大値を示した場所とその数値を掲載しました。

小学校

  • 除染対象施設数  5校
  • 除染対象箇所数  8箇所

松山第一小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  1.021マイクロシーベルト/時間
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.174マイクロシーベルト/時間
  • 除染終了日  3月4日(月曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

唐子小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.251(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.169(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  3月12日(火曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部に関しては掘削及び再舗装を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

新明小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.241(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.205(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  3月19日(火曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除いた。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

市の川小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.398(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.204(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  3月19日(火曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

青鳥小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.329(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.198(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  3月15日(金曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除いた。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。 

中学校

  • 除染対象施設数  0校
  • 除染対象箇所数  0箇所
  • 除染終了日  -
  • 除染方法  全校、除染基準値未満のため、除染は実施せず。

各施設の空間放射線量の測定結果(詳細)

放射線量測定調査表(小学校)(PDF:84.9KB)

放射線量測定調査表(中学校)(PDF:63.6KB)

放射線量が局所的に高い「ホットスポット」調査及び放射線量低減対策(除染)

ホットスポットの調査(平成24年8月実施)

これまで、市内の小・中学校の空間放射線量の測定を実施してきましたが、放射線に対する市民の安全・安心を図るために、局所的に放射線量が高いと思われる箇所(ホットスポット)の点検調査を行いました。測定箇所については平成23年度に除染作業を行った箇所を中心に行いました。

測定方法

  1. 測定機器  株式会社堀場製作所  環境放射線モニタRadi(PA-1000)
  2. 測定高さ 地表1センチメートル
  3. 測定日  平成24年8月10日(金曜日)から8月17日(金曜日)
  4. 測定場所
放射線ホットスポットの測定場所
測定項目 小学校 中学校
測定箇所施設数 8 3
測定箇所数 44 20
測定場所 雨どいの下、雨水排水ます、側溝など 雨どいの下、雨水排水ます、側溝など

放射線量低減対策(除染)について

「東松山市放射性物質除染方針」に基づき、除染基準を超えた箇所の除染を行いました。表は、それぞれの施設の空間放射線量率で、最大値を示した場所とその数値を掲載しました。

小学校

  • 除染対象施設数  5校
  • 除染対象箇所数  11箇所

松山第一小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.412マイクロシーベルト/時間
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.213マイクロシーベルト/時間
  • 除染終了日  11月22日(木曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

新明小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.621(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.203(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  8月29日(水曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

市の川小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.305(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.204(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  8月29日(水曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

青鳥小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.698(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.182(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  8月29日(水曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

新宿小学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.248(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.213(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  8月29日(水曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

中学校

  • 除染対象施設数  1校
  • 除染対象箇所数  2箇所

東中学校

  • 空間放射線量率除染前最大値  0.351(マイクロシーベルト/時間)
  • 空間放射線量率除染後最大値  0.209(マイクロシーベルト/時間)
  • 除染終了日  11月22日(木曜日)
  • 除染方法  雨樋下等の土壌を取り除き、舗装部等に関しては高圧洗浄を行った。発生した土壌はビニール袋に入れ、学校敷地内に埋設。

各施設の空間放射線量の測定結果(詳細)

放射線量測定調査表(小学校)(PDF:86.3KB)

放射線量測定調査表(中学校)(PDF:77.7KB)

放射線量が局所的に高い「ホットスポット」調査及び放射線量低減対策(除染)

お問い合わせ先
東松山市役所 教育部 教育総務課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1428
ファックス:0493-23-7255
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。