現在の位置

認知症ガイドブック更新日:2021年8月31日

認知症になっても住み慣れた地域で安心した生活を・・・

東松山市認知症ガイドブック表紙

厚生労働省は、平成24年の調査で、全国の65歳以上の高齢者について、認知症有病率推定値15パーセント、認知症有病者数約462万人と推計しており、6~7人に1人が認知症と言われています。

 また、全国のMCI(軽度認知障害)の有病率推定値13パーセント、MCI有病者数約400万人と推計しており、上記認知症有病者数と合わせると800万人を超える計算になります(軽度認知障害とは、認知症の前段階で認知機能の一つに問題が生じていますが、日常生活には支障がない状態です)。

 東松山市も高齢化率が28パーセントを超え、要介護認定者数の約半数は何らかの認知症状のある方となっているため、高齢者になっても、認知症になっても住み慣れた地域で安心した生活を続けられるようにするための取組が大切です。

認知症ケアパスの画像

 東松山市では平成27年3月に「東松山市認知症ガイドブック」を発行しましたが、令和元年12月に内容を見直し、より充実させて再発行しました。

 認知症についての簡単な説明と、チェックシート、医療機関、相談窓口や各種サービスについて、また、認知症状の進行に合わせて利用できる医療・介護サービスを表にしてまとめた「認知症ケアパス」も掲載しております。

 下記よりダウンロードできますので、認知症支援の参考資料としてご活用いただければと思います。

東松山市認知症ガイドブック(令和元年12月第5版)全文(PDF:3.7MB)

埼玉県 認知症施策

東松山市若年性認知症ガイドブック

 認知症は、一般的には高齢者に多い病態ですが、65歳未満で発症した場合に、「若年性認知症」といいます。

 もの忘れが出始め、仕事や家事などの日常生活に支障をきたすようになっても、まだ若いという理由から認知症と気付かれず、病院で診察を受けても、うつ病や更年期障害などと間違われることもあり、診断までに時間がかかってしまうケースが多く見られます。

 東松山市では令和元年12月に診断を受けた方が早くサービスにつながるよう「東松山市若年性認知症ガイドブック」を作成しました。下記よりダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

 

東松山市若年性認知症ガイドブック(令和元年12月初版)全文(PDF:1.1MB)

埼玉県 若年性認知症に関する取り組み

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 高齢介護課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-22-7733
ファックス:0493-22-7731
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。