現在の位置

インフルエンザ更新日:2016年11月17日

インフルエンザの流行

インフルエンザは、例年、11月上旬頃から散発的に発生し、それ以降、爆発的に患者数が増加して1月から2月にピークを迎えます。
インフルエンザワクチンは接種して2週間目頃から5カ月程度は効果が続くと言われているので、12月中旬ころまでには接種を済ませましょう。

予防方法

  • 咳エチケットを守りましょう。(咳、くしゃみが出る場合には、ティッシュ、ハンカチなどで鼻や口を押さえ、ほかの人から顔をそむけて2メートル以上離れましょう)
  • 帰宅後のうがいや手洗いをしましょう。
  • 十分な栄養と休養を取りましょう。
  • インフルエンザワクチンの接種は12月中旬までに済ませましょう。

感染症の予防法

インフルエンザが流行し始めたら

  • 人が集まるような場所への外出は自粛しましょう。
  • 交通手段は、できるだけ密室となるバスや電車を避け、徒歩や自転車・自家用車・バイクを利用しましょう。

インフルエンザにかかったかなと思ったら

  • インフルエンザと思われる症状がある場合、かかりつけ医や身近な医療機関で受診してください。
  • 受診の際には、必ず受診が可能かどうかを電話で確認し、受診時間や受診方法など医師からの指示に従ってください。
  • 電話はせずに、直接医療機関に行くことは避けてください。
  • 医療機関に行く際は、マスクを着用するなど、ほかの人に感染を広げないよう注意しましょう。
  • 症状がでた翌日から7日間を経過するか、熱が下がってから3日間は、できるだけ外出はひかえましょう。

家庭で看病することになったら

  • 患者家族ともマスクを着用しましょう。
  • 患者とのタオルの共有は避けましょう。
  • 白衣や袖付きエプロンで衣服を覆いましょう。
  • 患者が鼻水を拭いたティッシュやオムツ等は、ビニール袋で密閉して廃棄し、その後は必ず石けんで手を洗いましょう。
  • 便や嘔吐物がついたものは、下洗いし、次亜塩素酸ナトリウム(0.05~0.5パーセント)や80度以上の熱水で10分以上消毒をした後、通常どおり洗濯しましょう。
  • 患者が使用したものは、洗剤で洗った後、次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。食器洗い機も熱水消毒として有効です。

(注意)次亜塩素酸ナトリウムは、台所用漂白剤(塩素系)の主成分ですので、代用可能です。 

 

インフルエンザ流行情報

インフルエンザに関する報道発表(厚生労働省)

インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所

インフルエンザ流行情報(埼玉県ホームページ)

備蓄品について

  • 新たな新型インフルエンザが国内外で大流行した場合、食料品・生活必需品等の流通、物流に影響が出ることも予想されます。
  • 感染を防ぐためには不要不急の外出をしないことが原則です。このため、災害時のように最低限(2週間程度)の食料品・生活必需品等を備畜しておくことが推奨されています。

食糧の例(長期保存可能なもの)

主食類食糧

  • 乾めん類(そば、そうめん、ラーメン、うどん、パスタ等)
  • 切り餅
  • コーンフレーク・シリアル類
  • 乾パン
  • 各種調味料

その他

  • レトルト・フリーズドライ食品
  • 冷凍食品(家庭での保存温度、停電に注意)
  • インスタントラーメン、即席めん
  • 缶詰
  • 菓子類
  • ミネラルウォーター
  • ペットボトルや缶入りの飲料
  • 育児用調整粉乳

日用品・医療品の例

常備品

  • 常備薬(胃腸薬、痛み止め、その他持病の処方薬)
  • 絆創膏
  • ガーゼ・コットン

インフルエンザ対策の物品

  • マスク(不織布製マスク)
  • 体温計
  • ゴム手袋(破れにくいもの)
  • 水枕・氷枕(頭や腋下の冷却用)
  • 漂白剤(次亜塩素酸:消毒効果がある)
  • 消毒用アルコール(アルコールが60%~80%程度含まれている消毒薬)

通常の災害のための物品(あると便利な物)

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 保湿ティッシュ(アルコールのあるものとないもの)
  • 洗剤(衣類・食器等)・石けん
  • シャンプー・リンス
  • 紙おむつ
  • 生理用品(女性用)
  • ごみ用ビニール袋
  • ビニール袋(汚染されたごみの密封等に利用)
  • カセットコンロ
  • ボンベ
  • 懐中電灯
  • 乾電池 
     

関連リンク(外部リンク)

インフルエンザに関する問合せ・相談窓口

埼玉県衛生研究所(埼玉県ホームページ)

厚生労働省インフルエンザQ&A

厚生労働省インフルエンザ対策

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム