現在の位置

感染症の予防法更新日:2020年5月29日

手洗いの方法

外出先からの帰宅時や、調理の前後、食事の前、動物に触れた時など、こまめに手を洗うことが感染症の拡大を防ぎます。

正しい手の洗い方

次の図の手順に従って行います。

正しい手の洗い方

(出典:厚生労働省)

(図の解説)

  1. 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をのばすようにこすります。
  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 親指と手のひらをねじり洗いします。
  6. 手首も忘れずに洗います。
  7. 石けんで洗い終わったら、十分に水で流します。
  8. 清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。

注意点

  • 1.から7.までを15秒を目安に2回行います。1回で30秒と長く洗うよりも、短くても2回洗う方が効果的です。
  • 汚れのたまりやすい3.の「指先、爪」また、日常生活で一番使う親指は、特に5.の「親指ねじり」を念入りに行ってください。
  • 最後に、消毒用アルコール(アルコール分60から80パーセント)を使うと、より効果的です。
  • できるだけ、時計や指輪ははずして洗いましょう。
  • 手を拭くタオルは必ず清潔なものを使いましょう。(タオルの共用はしないようにしましょう。)
  • 水道の蛇口も清潔に保ちましょう。蛇口に直接触れないよう、手を拭いた後のペーパータオルを当てると蛇口の菌が付着しません。

正しいマスクの着用

マスクは、咳やくしゃみなどの飛沫拡散を防ぎ、他の人への感染防止に有効です。手などについたウイルスが直接口や鼻に触れることを防いだり、完全ではありませんが、外からのウイルス侵入をブロックする役割が期待できます。

正しいマスクの着用

(出典:厚生労働省)

(図の解説)

  1. (つける時)鼻と口の両方を確実に覆います。
  2. ゴムひもを耳にかけます。
  3. 隙間がないよう、鼻まで覆います。

注意点

  • 表面にウイルスがついている場合があるので、使用中、はずすときなど表面に触れないように注意しましょう。
  • 捨てる時は、ビニール袋に入れてふたつきのごみ箱に捨てましょう。

咳エチケット

マスクをせずに咳やくしゃみをすると、ウイルスは2から3メートル 飛ぶと言われています。インフルエンザの流行時に関わらず、感染症をうつさないことを普段から習慣にしましょう。

咳エチケット

(出典:厚生労働省)

(図の解説)

  1. マスクを着用します。(口・鼻を覆います。)
  2. マスクがない時は、ティッシュ・ハンカチで口・鼻を覆います。
  3. とっさの時は、袖で口・鼻を覆います。
  4. 口・鼻を何も覆わず、咳やくしゃみをすることはやめましょう。
  5. 咳やくしゃみを手で直接おさえることはやめましょう。

注意点

  • 周囲の人からなるべく離れましょう。
  • 使用後のティッシュなどは、すぐにごみ箱に捨て、手を洗いましょう。
お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム