現在の位置

受動喫煙対策を目的として「健康増進法」が改正されました更新日:2020年2月25日

  望まない受動喫煙の防止を図るため、施設等の類型ごとに喫煙の規制を定めた「健康増進法の一部を改正する法律」が公布されました。今後、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで段階的に施行されることとなり、各施設においてこれに沿った対応が必要となります。  

改正健康増進法の施行スケジュールをグラフにした画像

概要

  1. 一部施行 2019年1月24日  国及び地方公共団体の責務等
    具体的には、受動喫煙による健康影響や喫煙マナー向上に関する普及啓発、多数の者が利用する施設等の管理責任者が、望まない受動喫煙が生じないよう努めること、喫煙場所を設置する際には、施設の利用者が多く集まるような場所には設置しないこと等です。
  2. 一部施行 2019年7月1日  学校、病院、児童福祉施設等、行政機関
    受動喫煙により健康を損なうおそれが高い人が利用する施設である学校、病院、児童福祉施設等及び行政機関の庁舎等は、敷地内全面禁煙。ただし、屋外で受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた場所に喫煙場所を設置することができる。
  3. 全面施行 2020年4月1日  
    上記以外の多くの人が利用する施設における原則屋内禁煙。ただし、既存の経営規模の小さな飲食店は、経過措置として標識の掲示等により喫煙可。

 詳細は、厚生労働省ホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ

「なくそう!望まない受動喫煙」Webサイト

埼玉県受動喫煙防止対策実施施設等認証制度について

埼玉県では、受動喫煙防止対策に積極的に取り組む施設などを認証する「埼玉県受動喫煙防止対策実施施設等認証制度」を実施しています。詳細は、埼玉県のホームページをご確認ください。

埼玉県受動喫煙防止対策実施施設等認証制度

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム