現在の位置

やきとり

やきとり店の前にある赤ちょうちんの写真

 午後4時を過ぎると、市内のあちらこちらに「やきとり」と書かれた赤ちょうちんが目に付き始めます。やきとりと聞くと、鶏肉を焼いたものを思い浮かべます。しかし、東松山市のやきとりは、豚のカシラ肉を炭火でじっくり焼いたものをいいます。
 そして、辛味の効いた「みそだれ」をつけて食べる、これが「やきとり」なのです。
 東武東上線東松山駅を中心に、約50軒のお店で食べることができます。子どもから大人まで、大人気の味覚ですが、特にビールとの相性は抜群。
東松山市へ来たら、ぜひ食べていってください。必ず、くせになります。

やきとり店の店内の写真

やきとりマップ(PDF:5.3MB)

味の決め手、秘伝「みそだれ」

やきとりの写真

 やきとり自体にも、塩味がついていますが、何といってもお客さんの好みでつける、みそだれが食欲をそそるのです。みそだれは、白みそをベースに、唐辛子やニンニク、ごま油、みりん、果物など10種類以上のスパイスをブレンドしてつくられ、各店独自のこだわりの味をもっています。いろいろなお店を食べ歩いて、好みの味を探してみていかがですか。

みそだれの写真

由来

 戦後間もなく、それまであまり利用されていなかった豚のカシラ肉を何とか活用できないか、と考えだされたもの。大松屋(やきとり屋)初代ご主人が、唐辛子入りのみそだれと焼いたかしら肉を合わせものが、広まったとのこと。

やきとりにみそだれをつけている写真

東松山焼鳥組合

やきとりを焼いている写真

 日本広しといえども、焼鳥組合があるのは東松山市だけでしょう。市内にある20軒以上の店が加盟しています。組合で、新鮮な豚のカシラ肉を共同購入しているので、値段も統一することができるのです。

(外部リンク)東松山焼鳥組合

やきとり音頭(東松山市観光協会)

やきとり音頭(東松山市観光協会)のCDジャケット

「春はうららに桜も舞って…」、「夏は小粋なハッピの若衆…」、「秋は集いし歩けの友が…」などと東松山市の四季の情景とやきとりのまち東松山を織り込んだ情緒豊かなやきとり音頭です。
観光協会の職員が作詞・作曲・編集を手掛け、歌い手は、「帰ってこいよ」でNHK紅白歌合戦にも出場した松村和子(まつむらかずこ)、踊りは美柳流三代目家元美柳有白扇(みやなぎうはくせん)の振付けによる本格的な仕上がりとなっています。

(外部リンク)東松山市観光協会

東松山やきとり音頭

やきとり音頭(市商工会青年部)のジャケット写真

 「ドン・ドン・ドン」と太鼓のリズムとともに「カシラだ、レバサシ、 ナンコツ、タン、ハツ、やきとり音頭だよ」などと東松山市のやきとりを歌った「やきとり音頭」があります。
 一度聞いたら忘れられないこの曲は、やきとりのまちを活性化させようと平成10年に作詞、作曲、歌、録音、ジャケット写真まで全て市商工会青年部の皆さんにより作られました。CDとして販売しています。

関連リンク

やきとりマップ

名物やきとりのルーツ

お問い合わせ先
東松山市役所 環境産業部 商工観光課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1427
ファックス:0493-23-7700
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる