現在の位置

祝! ノーベル物理学賞 梶田隆章先生のご両親からのコメント更新日:2015年12月24日

祝! ノーベル物理学賞 梶田隆章先生のご両親からのコメント

梶田隆章先生の父、正男さんと母、朋子さん、妹の渡部真由美さんにお話を伺いました。

梶田隆章さんのご両親

父:梶田正男さん(左)、母:朋子さん

Q:受賞は何で知りましたか。その時の感想は。

正男さん:昨年、物理学賞で3名の方が受賞をしていたので、今年はないだろうと思っていました。テレビで息子が受賞したと知り「えっ!本当に」と、とても驚きました。テレビで息子の映像を見て、本当にノーベル賞を取ったのだと実感しました。

 

Q:隆章さんから連絡はありましたか。そのときどんな会話をされましたか。

朋子さん:はい、発表後すぐに電話がありました。「おめでとう、よかったわね!」と声をかけ、もっと話をしたかったのですが、隆章もこれから忙しくなると思い、電話を切りました。


 

Q:電話の様子はいかがでしたか。

朋子さん:とてもうれしそうでした。

 

昔の写真を広げる朋子さん

Q:小さい頃はどのようなお子さんでしたか。

正男さん:勉強も遊びも全て普通の子どもと変わらないと思います。隆章が幼い頃に、うちは農家をしていましたので、兄弟でかけっこをしながら、田んぼのハンデかけの手伝いをしてくれたり、近所の水路でザリガニ釣りをしたりしていました。

ただ、勉強や遊びはメリハリがあって、集中はしていたと思います。中学生の頃だっと思いますが、この地域の地質の分布を調べて、表にまとめたことがありました。埼玉県だったか、この地域だったか、あまり覚えていませんが代表となったことなどがありました。

朋子さん:ものを作ったりすることよりは、とにかく本を読むのがものすごく好きで「目が悪くなるから、少し休んだら」と話しても、隠れて本を読んでいました。本人は隠れていたつもりでしょうが、私には本を読んでいることは分かっていましたよ。

Q:妹さんから見て、どのようなお兄さんでしたか。

真由美さん(妹):年が離れていましたので、とてもよく遊んでくれました。追いかけっこをしても私が速く走れなかったので、兄はちゃんと待っていてくれたりしたことを覚えています。

 

Q:子どもの頃の将来の夢とかは何だったか覚えていらっしゃいますか。

朋子さん:あまり、そのような会話をした記憶はないのですが「博士になりたい!」と言っていたことはあったと思います。

 

Q:最近、連絡をとったりしているのですか。その時にノーベル賞の話をしたことなどはあるのですか。

朋子さん:隆章も忙しいので、お盆に帰ってきたり、お嫁さんから電話やお手紙をいただいたりしています。自分がノーベル賞を、という話ではありませんが、今度はあの先生がとったり、共同研究をしているあのアメリカの方がとるかもしれないね、などの会話はしたことがあります。

 

Q:ご自宅にノーベル賞の授賞式の写真が飾られていますが、どういったものなのですか。

正男さん:これは、恩師の小柴先生がノーベル賞を受賞したときの様子が掲載された冊子がありましたので、それをコピーしたものです。

 

ノーベル賞表彰式の様子の写真

Q:どういった思いから飾ろうと思われたのですか。

研究者として、やはりノーベル賞をとってもらいたいという思いから飾り始めました。

 

Q:最後に、隆章さんに一言お願いします。

朋子さん:「これからますます忙しくなると思うので、どうか体にだけは気をつけて」と伝えたいですね。

正男さん:「研究者としての夢だった賞を受賞することができたので、本当におめでとう」と伝えたいです。

 

関連リンク

祝!ノーベル物理学賞 東松山市出身 梶田隆章先生

祝! ノーベル物理学賞 梶田隆章先生の恩師からのコメント

祝! ノーベル物理学賞 梶田隆章先生からのメッセージ

梶田隆章先生のノーベル賞受賞に伴う展示コーナー

お問い合わせ先
東松山市役所 秘書室 広報広聴課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1410
ファックス:0493-22-7799
問い合わせフォーム