市長の部屋へようこそ

森田光一市長

皆様、こんにちは。東松山市長の森田光一です。

 「花とウォーキング」そして「ノーベル物理学賞受賞者」のまち、東松山市のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 東松山市は東京都心から約50キロメートルに位置し、東武東上線池袋駅から東松山駅まで電車で最短44分、また、関越自動車道東松山インターチェンジ、国道254号バイパスと国道407号バイパスが交差するアクセスの良さと、比企丘陵の美しい自然に囲まれた伝統と文化の香り高いまちです。

 当市は平成28年度からスタートした「東松山市まち・ひと・しごと創生総合戦略」で、「観光」「産業」「子育て」の3つの柱を中心に、観光資源の活用や企業誘致、子育て支援の施策に取り組み、交流人口の増加や定住促進に向けた魅力あるまちづくりを進めています。

 企業誘致やインフラ整備の成果も着実に表れ、平成29年4月には人口が9年3か月ぶりに9万人台となりました。また、東洋経済新報社が発表した「住みよさランキング2017年版」では埼玉県第1位の評価をいただきました。

 それでは、東松山市の魅力をご紹介いたします。市の北部にある東松山ぼたん園は、年間を通して楽しめる公園として装いも新たにリニューアルオープンしましたので、ぜひご来園ください。東武東上線高坂駅の西口を起点に市の南部地域が周遊できる「まなびのみち」は、ウォーキングやサイクリングが安心して楽しめるコースです。コースの途中には、化石の発掘体験ができる「化石と自然の体験館」や、コアラやペンギンが有名な「こども動物自然公園」、坂東10番の「岩殿観音正法寺」、日本を代表する彫刻家、高田博厚氏の作品が並ぶ「高坂彫刻プロムナード」など、見どころが満載です。

また、東松山市と言えば、何といっても「日本スリーデーマーチ」です。毎年11月に開催する世界第2位、そして、日本一のウォーキングの祭典には、日本全国、世界各地から3日間で延べ10万人規模のウォーカーが集います。ぜひ秋の比企丘陵を歩いてみてはいかがでしょうか。歩いた後は東松山名物の「やきとり」をご賞味ください。当市は「日本7大やきとりタウン」の一つとして知られ、豚のカシラ肉を使用したやきとりと味噌だれの組み合わせは絶品です。

 東松山市は、これからも皆様が「住みたい、働きたい、訪れたいまち」を目指してまいります。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

東松山市長  森田  光一

東松山市のイメージ画像

ページの先頭へもどる