現在の位置

パブリックコメント実施結果【第二次東松山市観光振興基本計画】更新日:2020年3月24日

 パブリックコメント手続結果を次のとおり報告します。

パブリックコメントについて

案の公表期間

令和2年2月3日(月曜日)から令和2年2月25日(火曜日)

意見提出者数

2人

提出された意見の概要及び市の考え方

 
No 提出された意見の概要 意見に対する市の考え方
1 いまやSNSが観光客誘客の最大のツールとなっています。チラシやパンフレットだけでなく、SNSを活用したPRを行うべきではないでしょうか。 「取組15.観光協会への観光情報の集約」「取組17.テーマや四季に応じた観光情報の発信」にSNSを活用した情報発信に取り組む記述を加えます。
2 箭弓稲荷神社は市内随一の観光名所だと思います。ここを上手く活用することが観光振興の近道であると考えます。 「取組3.歴史・文化・芸術資源の積極活用」に示しているとおり、市内の歴史・文化・芸術資源は東松山市の貴重な資源と捉えており、箭弓稲荷神社もその一つとして、今後の活用を推進していきます。
3 観光協会や観光事業者に任せるだけでなく、市も積極的に観光客の誘客に取り組んでいただきたい。 「7.1 取組を推進する体制づくり」に示しているとおり、観光振興の実現に向けては、市と観光協会を中心に関係者との連携した取組が重要だと考えています。
4 観光振興を図る上では、郊外地の体験型施設(「くらかけ清流の郷」「化石と自然の体験館」「動物自然公園」)に資源を選択・集中させるべきではないか。 「取組1.新たなイベントの開催」「取組2.新たな体験プログラムの創出」に示しているとおり、更なる観光客の獲得に繋がるよう、体験型施設などの既存の観光施設を活かした取組を推進していきます。
5 東松山市の観光に関する現状認識が甘いと考えます。観光客の視点で考えれば、もう少しシビアな現状がみえてくるのではないか。 「3.3東松山市の観光動向」に記載のとおり、東松山市への来訪経験がある人を対象にした調査を実施し、現状の観光動向を整理しました。
6 全体的に短い文言で、簡素に仕上げるべきだと思います。 計画内容について正確に伝えられる範囲で簡潔な表現を用いていますが、改めてわかりやすい表現を意識した確認などを行います。

提出された意見により修正した箇所とその理由

 
No 修正した箇所 修正した理由
1 計画38ページ 取組15.
「…、観光協会ホームページの観光情報の充実を図ります。」を「…、観光協会ホームページの観光情報の充実や、SNSを活用した観光情報の発信を強化します。」に修正します。
東松山市の魅力を内外に発信するためには、SNS等、多様な媒体を用いたPRが必要なため。
2 計画38ページ 取組17.
「東松山市を訪れる人が観光の目的や訪れる時期に合わせて、観光情報を入手できるよう、観光協会のホームページ等でテーマや季節に応じた…。」を「東松山市を訪れる人が、観光の目的や訪れる時期に合わせて観光情報を入手できるよう、観光協会のホームページやSNS等でテーマや季節に応じた…」に修正します。
東松山市の魅力を内外に発信するためには、SNS等、多様な媒体を用いたPRが必要なため。
3 計画全般において、わかりやすい表現に修正します。 計画内容について正確に伝えるため。

策定された案

第二次東松山市観光振興基本計画

お問い合わせ先
東松山市役所 環境産業部 商工観光課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1427
ファックス:0493-23-7700
問い合わせフォーム