現在の位置

防災情報の伝え方が変わります更新日:2019年6月4日

災害発生までの危険度を5段階の警戒レベルで提供します

 西日本に大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨では、発表された防災情報が住民の避難行動に十分に結びつかなかったことが教訓とされ、国では、住民が情報の意味を直感的に理解して適切に避難行動をとれるよう「5段階の警戒レベル」を盛り込むこととなりました。
 これに基づき市では、災害が発生する恐れがある場合には、これまでの避難準備・高齢者等避難開始を【警戒レベル3】として、また、避難勧告又は避難指示(緊急)を【警戒レベル4】として発令し、市民の皆さんの主体的な避難行動を支援します。(なお、【警戒レベル5】は、既に災害が発生している状況です。)

警戒レベルに応じた「とるべき行動」の一覧

警戒レベル別の防災気象情報・避難行動
警戒レベル 避難、防災気象情報
(太字は市が発表する情報)
とるべき行動
5 災害発生情報
氾濫発生情報
大雨特別警報
命を守る最善の行動
  • 既に災害が発生している状況であり、ただちに身を守る行動をとってください。
4 避難指示(緊急)
避難勧告

氾濫危険情報
土砂災害警戒情報
指定避難場所などへ立退き避難
  • 速やかに避難場所等の安全な場所に避難するか、ただちに身を守る行動をとってください。
3 避難準備・高齢者等避難開始
氾濫警戒情報
大雨警報
洪水警報
高齢者等は立退き避難
  • 避難に時間のかかる高齢者等は避難、その他の人は避難の準備をしてください。
2 氾濫注意情報
大雨注意報
洪水注意報
避難場所や経路を確認
  • ハザードマップ等で、避難に備えて避難先や避難ルートを再確認してください。
1 早期注意情報
(警報級の大雨などの予報)
災害への心構えを高める
  • 防災気象情報など、最新情報に注意し、災害への心構えを高めてください。
  • 避難は、避難場所や近隣の安全な場所へ移動する「立ち退き避難」が原則ですが、そうした場所に移動することがかえって危険と判断する場合には、自宅や近くの建物の2階など、屋内のより安全な場所へ移動してください。
  • 避難勧告などの呼びかけがなくても、「自分の身は自分で守る」という考え方のもとに、身の危険を感じたら自発的に避難してください。

避難を判断するときに参考となる情報について

避難情報や気象情報などは、次の方法により収集することができます。

防災行政無線

市内にある90本の放送塔(スピーカー)より、災害発生時の情報の伝達や安全避難など災害の拡大を防止するための広報を行っています。聞き取りにくい時は、テレフォンサービス(電話0180-99-4567)でも確認することができます。

東松山いんふぉメール

防災行政無線で放送した内容を、リアルタイムでメール配信しています。防災行政無線を聞き逃してしまった場合でも、文字情報としてお手持ちの携帯電話やスマートフォンで確認することができます。是非ご登録ください。

東松山いんふぉメール

気象情報・河川情報

熊谷地方気象台

埼玉県版 川の防災情報

国土交通省 川の防災情報

お問い合わせ先
東松山市役所 秘書室 危機管理課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1405
ファックス:0493-22-7799
問い合わせフォーム