現在の位置

追悼 田口弘氏(元東松山市教育長)更新日:2017年3月2日

追悼 田口弘氏(元東松山市教育長)

田口氏  寄贈記者会見

平成28年6月24日に田口弘さんが東松山市役所を訪れ、高村光太郎直筆の書幅など関連資料約100点と、高田博厚制作のブロンズ像(萩原朔太郎)を寄贈した際に行った記者会見の様子です。

田口弘(たぐちひろし)

1922年(大正11年)3月18日東松山市に生まれる。松山中学校を経て、東京府大泉師範専攻科卒業。志村第3国民学校赴任後、南西方面艦隊司令部付海軍教員として、フィリピンよりインドネシア・スラバヤ等に着任、終戦後プジョン、レンパン島収容所を経て復員。1946年(昭和21年)から1972年(昭和47年)まで松山中学校教諭。1963年(昭和38年)日教組中央執行委員(教育文化部担当)、1968年(昭和43年)埼玉県教組委員長。県長期派遣教員として明治大学聴講生(大岡信教室)。続いて埼玉県労働金庫専務理事。1976年(昭和51年)より東松山市教育委員会教育長を16年半務める。退職後日本ウォーキング協会副会長、評議員会長、東松山市中央図書館顧問、市文化団体協議会長、ギャラリー運営委員長など兼ねる。その間、県教育功労賞、文部省大臣表彰等を受ける。松山聖ルカ幼稚園理事長として幼児教育に尽力する。

出典

田口弘著「詩文集  高村幸太郎の生き方」邑心文庫、2009年(平成21年)1月25日発行より抜粋、幼児教育に尽力するに訂正、西暦を加筆元号併記した。

 

高村光太郎との交流について~田口弘氏講演会~

東松山市立図書館で開催された講演会の様子です。元東松山市教育長で詩人の田口弘氏が、高村光太郎とのエピソードなどを語っています。
(平成28年8月22日撮影)

高村光太郎との思い出を語る(田口弘氏)

詩人で彫刻家の高村光太郎と親交があった元東松山市教育長で詩人の田口弘氏が、大切にしてきた高村の書や書簡などにまつわるエピソードを自らお話しいただいた映像です(平成28年7月26日撮影)。
 

高村光太郎との交流について~ノーカット版  田口弘氏講演会~

 

高坂彫刻プロムナード【高田博厚彫刻群】

お問い合わせ先
東松山市役所 教育部 社会教育課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1431
ファックス:0493-23-2239
問い合わせフォーム