現在の位置

ペット更新日:2016年9月6日

犬の登録と狂犬病の予防注射

 犬を飼う場合は、生涯1回の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。生後91日以上の犬を新たに飼い始めた方は、狂犬病予防注射を済ませ30日以内に登録をしてください。

 また、市で交付する鑑札と狂犬病予防注射済票を犬の首輪等につけてください。

各種手数料

 登録(鑑札交付)  3,000円
 注射済票(注射済票交付)  550円
 鑑札再交付  1,600円
 注射済票再交付  340円

 (注)海外に犬を連れて行き、帰国する予定の方は、狂犬病予防注射を受ける前にマイクロチップを装着する必要があります。詳しくは、農林水産省動物検疫所ホームページをご確認ください。

担当  環境保全課(電話0493-63-5006)

 

犬の転入・転出

 転入の場合

  前住所地で交付を受けた鑑札を持参して、30日以内に届出をしてください。

 転出の場合

  転出先(新住所地)へ届出をしてください。

担当  環境保全課(電話0493-63-5006)

犬を飼うときは

 犬が原因による苦情が市役所や保健所に多く寄せられています。犬を飼うには、飼い主のマナーと愛情が大切です。すでに犬を飼っている方もこれから飼おうとしている方も、以下のことを守って責任と愛情のある飼い主になるように心がけましょう。

  • 散歩させるときは、必ずつないで制御できる方が行いましょう。
  • フンなどで道路や他の家を汚さないようにしましょう。
  • 犬はつないで飼いましょう。
  • 犬が人をかんだとき(飼い主がかまれても)は直ちに保健所に届出をしましょう。
  • ストレスは、夜鳴きの原因になります。
  • となりの家へ配慮をし、適当な運動と規則正しい食事をさせましょう。
  • 不幸な犬を増やさないためにも去勢、不妊手術を行いましょう。


担当  環境保全課(電話0493-63-5006)

犬が死亡したとき

 電話で環境保全課へ届出するか、死亡届を環境保全課、各地区市民活動センターへ提出してください。
 インターネットでの届出もできます。

電子申請サービス

担当  環境保全課(電話0493-63-5006)

ペット(犬・ねこ等の小動物)の死体処理

  • クリーンセンターに持ち込むことにより処理できます。(無料)
  • ご自宅まで引き取りに伺います。(手数料 1体610円)

(注)一般廃棄物として可燃物と一緒に焼却処理をするため、お骨を引き渡すことはできません。

担当 クリーンセンター(電話0493-34-5550)

動物由来感染症にご注意

 狂犬病をはじめとする「動物由来感染症」とは動物から人に感染する病気の総称です。人も動物も重症になるもの、動物には症状が出ずに人が重症になるもの、人は軽症でも動物は重症になるものなどさまざまです。
 次のことに注意してください。

  • 過剰なふれあいは控えましょう
  • 動物にさわったら、必ず手を洗いましょう
  • 動物の身の回りは清潔にしましょう
  • 砂場や公園で遊んだら、必ず手を洗いましょう


担当  東松山保健所(若松町2-6-45電話0493-22-0280)

猫を正しく飼うには

 猫が原因による苦情も市に多く寄せられています。猫を飼っている方は、次のことに注意してください。

  • 猫の安全と健康管理のためにも、家の中で飼うようにしましょう
  • ふん尿が大変臭いので近所迷惑にならないように家の中に猫用トイレを設置して飼いましょう。
  • 不幸な猫を増やさないためにも去勢、不妊手術を行いましょう。
  • 野良猫と間違われて通報されないように、猫に首輪をし、飼い主の連絡先をつけましょう。


担当  埼玉県動物指導センター(熊谷市大字板井123 電話048-536-2465)

犬・猫に関する相談

 犬に関する相談は東松山保健所、猫に関する相談は埼玉県動物指導センターへお問い合わせください。

担当  東松山保健所(若松町2-6-45 電話0493-22-0280)
     埼玉県動物指導センター(熊谷市大字板井123 電話048-536-2465)

 

お問い合わせ先
東松山市役所 環境産業部 環境保全課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-63-5006
ファックス:0493-23-7700
問い合わせフォーム