現在の位置

新型コロナウイルスに便乗した詐欺にご注意更新日:2020年5月26日

身に覚えのない商品が届いた際の対応方法

事業者からの電話連絡はありましたか?

身に覚えのない商品が届く前に、事業者からの電話連絡がなければ、売買契約は成立していません。したがって、代金を支払う必要も、事業者に連絡する必要もありません。

また、商品の送付があった日から事業者による引取りがないまま14日間を経過したときは、事業者は商品の返還を請求できなくなりますので、商品を自由に処分してかまいません。

クーリング・オフができることを忘れずに!

事業者と売買契約の締結を申し込んだ場合であっても、契約書面を受け取ってから8日以内であれば、クーリング・オフができます。

困ったときは

1人で悩まずに、お早めにお近くの消費生活センター等に御相談ください。

  • 「消費者ホットライン」 188
  • 東松山市消費生活センター 0493‐23‐2221(内線245)

新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください。(PDF:144KB)

国民一律10万円の現金給付に関する詐欺にご注意ください

新型コロナウイルスに対する経済対策として一律10万円を給付する事業が実施されることになりましたが、この事業に便乗した詐欺が増える可能性があります。

  • 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

特別定額給付金コールセンター

特別定額給付金に関する相談受付については、総務省がコールセンターを設置しております。

電話番号

03-5638-5855

応対時間

午前9時∼午後6時30分(土・日・祝日を除く)

困ったときは

市区町村や総務省をかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、すぐに警察や消費生活センター等に御相談ください。

  • 警察相談専用電話 #9110

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(PDF:272.2KB)

お問い合わせ先
東松山市役所 市民生活部 地域支援課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1435
ファックス:0493-23-2236
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。