現在の位置

風しん予防接種費用の一部助成更新日:2019年4月1日

風しん予防接種を受けましょう

 妊娠初期の女性が風しんに感染すると、心疾患・難聴・白内障などの先天性風疹症候群という重い病気を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。
 市では、妊婦さんを風しんの感染から守り、生まれてくる赤ちゃんが、先天性風疹症候群とならないように予防するため、予防接種費用の一部助成を行っています。
 平成31年度から、対象者を拡充し、妊婦さんの同居の方も対象となりました。
 また、埼玉県の契約医療機関で風疹抗体検査が無料で受けられます。関連リンクをご覧ください。

助成の対象となる方 

接種日に東松山市に住民登録のある次の方

  1. 妊娠を希望する19歳から49歳の女性
  2. 妊婦の夫で、19歳以上の男性(事実婚を含む)
  3. 妊婦の同居者
    (注意)費用の助成は1人につき1回限りです。

 接種についての注意事項

  • 妊娠している方は接種できません。
  • 女性の方は、接種してから2か月間の妊娠は避けてください。

 接種ワクチン

風疹単抗原ワクチン・麻疹風疹混合ワクチン(MR)

 「風疹だけの単抗原ワクチン」もあります。そちらを選択しても差し支えはありませんが、近年、麻疹(はしか)が時々流行したり、風疹の単抗原ワクチンの生産量が少ないことから、麻疹風疹混合ワクチンを接種されることをおすすめします。

(注意)成人の予防接種は、任意(希望者のみ)の予防接種です。
(注意)医療機関は、国内であればどこでもかまいません。接種金額や予約状況については直接医療機関にご確認ください。

助成額

3,000円(生活保護受給者の方は全額)

申請方法(接種費用の全額を医療機関でお支払い後の申請となります。)

申請場所 

 保健センター

申請期間

 予防接種を受けた日から1年間

受付時間 

 平日午前8時30分から午後5時15分

申請に必要な書類

  1. 申請書(保健センターにあります。また、市のホームページから印刷もできます。)
  2. 領収書・予防接種を受けたことを証明できる書類(被接種者氏名、接種日、接種ワクチン              名、接種医療機関の記載があるもの) 
    (注意)領収書はお返しできません。
  3. 母子健康手帳(父母欄1ページ目の写し) (注意)対象となる方2、3の方
  4. 振込先の口座を確認できるもの(預金通帳など)
  5. 印鑑(認め印可)
  6. 生活保護受給者の方は受給者証

助成金の支払い方法   

申請月の翌月末までにご指定口座へ助成費用をお振込みします。

 健康被害救済制度について

   予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。この予防接種は、任意(希望者のみ)の予防接種のため、重大な健康被害を生じた場合、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく補償になります。

申請書(印刷できます)

東松山市風しん予防接種費用助成金交付申請書(PDF:113.8KB)

申請書記入例(PDF:154.8KB)

関連リンク

風疹Q&A(国立感染症研究所)

風疹抗体検査が無料で受けられます(埼玉県ホームページ)

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。