現在の位置

生後3か月から行う予防接種更新日:2017年4月1日

4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)ワクチン

方法

個別予防接種

対象   

  生後3か月から7歳6か月未満

接種間隔と回数

  <初回接種>  20日から56日までの間隔をおいて3回

  <追加接種>  初回接種終了後1年以上の間隔をおいて1回
             (3回目終了後12か月から18か月の間が望ましい)

不活化ポリオワクチン

3種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンを「別々に接種している方」へのお知らせ

 

 「3種混合ワクチン」「不活化ポリオワクチン」、「4種混合ワクチン」に移行されました。
 「4種混合ワクチン」を接種することもできますので、医療機関にご相談ください。
 なお、国内臨床研究により、単独の不活化ポリオワクチンと4種混合ワクチンの併用で、十分な効果があることが確認されています。

方法

個別予防接種

対象

  生後3か月から7歳6か月未満

接種間隔と回数

 <初回接種>  20日から56日までの間隔をおいて3回
 <追加接種>  初回接種終了後1年以上の間隔をおいて1回
            (3回目終了後12か月から18か月の間が望ましい)     

ポリオワクチンに関するQ&A(厚生労働省ホームページ外部リンク)

BCG

対象者

 生後1歳のお誕生の前日まで

接種回数   

 1回

(B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌の初回接種を優先し、標準的には生後5か月から8か月で接種します。)

結核について

 結核は、結核菌の空気感染によって発病します。国内の結核患者はかなり減少しましたが、まだ3万人近い患者が毎年発生しており、大人から子どもへ感染することも少なくありません。
 また、結核に対する抵抗力(免疫)は、お母さんからもらうことができませんので、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。乳幼児は結核に対する抵抗力(免疫)が弱く、全身性の結核や、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性があります。

BCGワクチン

 牛型結核菌を弱毒化してつくったワクチンです。「管針」とよばれる専用の接種器具を用いるスタンプ方式で上腕の2か所に強く押し付けて接種します。軽い出血がみられるのが普通です。接種したところは、日陰で10分程度乾燥させ、乾燥した後に服を着せてください。
 BCGは生ワクチンです。接種後はウイルスの干渉を防止するために27日以上の間隔をあけてから、次の(他の)ワクチンを接種してください。

BCG接種後の反応

 通常接種後10日頃に、接種局所に赤くポツポツができ、接種後1か月から2か月までの頃に一部に小さいうみができることがあります。この反応は、接種後4週間ごろに最も強くなりますが、その後はかさぶたができて接種後3か月までにはなおり、小さな傷跡が残るだけになります。
 これは異常な反応ではなく、BCG接種により抵抗力(免疫)がついた証拠です。自然になおりますので、包帯をしたり、バンソウコウをはったりしないで、そのまま清潔を保ってください。

副反応 (このような場合は、医療機関に相談して下さい)

1.予防接種を受けた後、接種局所のひどいはれや接種後3か月を過ぎても、接種のあとがジクジクしているようなとき。
2.接種をした側のわきの下のリンパ節が大きく腫れたり(約1%に出現すると言われています)、まれに化膿して自然に破れたりしたとき。

コッホ反応(このような場合は、医療機関に相談してください)

 お子さまが結核にかかったことがある場合は、接種直後から10日以内に接種局所の発赤・腫脹及び接種局所の化膿等を来たし、通常2週間から4週間後に消失、瘢痕化し、治癒する一連の反応が起こることがあります。これをコッホ反応といいます。
 接種直後から接種部位に強い反応がでた場合は、医療機関または健康推進課に相談してください。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種健康被害救済制度

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム