現在の位置

異なった予防接種を受ける場合の接種間隔について更新日:2020年10月5日

令和2年10月1日より、異なった予防接種を受ける場合の接種間隔が一部変更されました

 従来は、異なる予防接種同士を受ける場合、接種を受けてから次のワクチンの接種を受けるまでに、一定の間隔をあける必要がありました。生ワクチンなら接種を受けてから27日以上、不活化ワクチンなら接種を受けてから6日以上の間隔をあけないと次のワクチンの接種を受けることができませんでした。
  しかし、定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から、その制限が一部緩和されることとなりました。
   今後は、異なる注射の生ワクチン間のみ、接種を受けてから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました
 ただし、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔は、従来どおり予防接種の種類によって間隔が異なりますのでご注意ください。
 
なお、同時接種は従前通り、医師が必要と認めた場合は可能です。接種から数日間は、発熱や接種部位の腫脹(はれ)などが出ることがあります。接種が可能な期間であっても、必ず、発熱や、接種部位の腫脹(はれ)がないこと、体調が良いことを確認し、かかりつけの先生と相談して無理のないスケジュールで接種を受けてください。

令和2年10月1日からの「異なる種類の予防接種を受ける場合の接種間隔のルール」

令和2年10月1日からの「異なる種類の予防接種を受ける際の接種間隔のルール

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム