現在の位置

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について更新日:2021年12月28日

追加接種(3回目接種)について

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)をすることで感染や重症化の予防効果が高まるとされています。2回目の接種を終えた方は、追加接種のご検討をお願いします。

国の追加接種方針(今後の科学的知見を踏まえ、必要に応じて変更の可能性あり)
対象者

2回目接種を終了した後、原則8か月以上経過した18歳以上の希望者

ただし、医療従事者等や高齢者施設の入所者及び従事者については、8か月の経過を待たずに追加接種可能。また、その他の高齢者については令和4年2月以降、2回目接種から7か月以上経過した後に追加接種可能。

接種回数 1回
費用 全額公費(無料)
使用ワクチン

1、2回目に使用したワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社製ワクチンまたは武田/モデルナ社製ワクチン)を使用する。

(注意)国から各自治体に分配される追加接種用のワクチンは、ファイザー社製約55パーセント、武田/モデルナ社製約45パーセントとなる予定です。本市では市内医療機関ごとにワクチンを分けて使用する予定です。 

(注意)ワクチン接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。接種を望まない人に接種を強制することはありません。職場や周りの人などに接種を強制するなど、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようご理解・ご協力の程、お願いいたします。

追加接種の安全性と効果

追加接種の安全性

ファイザー社及び武田/モデルナ社の追加接種後7日以内の副反応は、どちらのワクチンにおいてもおおむね1、2回目と同様の症状が見られたと報告されています。

また、3回目に1、2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても安全性の面で許容されることも報告されています。

追加接種の安全性
発現割合

ファイザー社

(2回目→3回目接種後の症状)

武田/モデルナ社

(2回目→3回目接種後の症状)

50パーセント以上

疼痛(78.3パーセント→83.0パーセント)

疲労(59.4パーセント→63.7パーセント)

疼痛(88.3パーセント→83.8パーセント)

疲労(65.4パーセント→58.7パーセント)

頭痛(58.8パーセント→55.1パーセント)

10から50パーセント

頭痛(54.0パーセント→48.4パーセント)

筋肉痛(39.3パーセント→39.1パーセント)

悪寒(37.8パーセント→29.1パーセント)

関節痛(23.8パーセント→25.3パーセント)

筋肉痛(58.1パーセント→49.1パーセント)

関節痛(42.9パーセント→41.3パーセント)

悪寒(44.3パーセント→35.3パーセント)

リンパ節症(14.2パーセント→20.4パーセント)

1から10パーセント

38度以上の発熱(16.4パーセント→8.7パーセント)

腫脹(6.8パーセント→8.0パーセント)

発赤(5.6パーセント→5.9パーセント)

リンパ節症(0.4→5.2パーセント)

38度以上の発熱(15.5パーセント→6.6パーセント)

腫脹・硬結(12.3パーセント→5.4パーセント)

紅斑・発赤(8.7パーセント→4.8パーセント)

追加接種の効果 

追加接種をした人の方がしていない人よりも、新型コロナウイルスに感染する人や重症化する人が少ないと報告されています。 

追加接種の効果
ワクチンの組み合わせ 抗体価
ファイザー → ファイザー → モデルナ 抗体価上昇
ファイザー → ファイザー → ファイザー

追加接種スケジュールについて

追加接種については、年齢や基礎疾患等による優先接種区分はなく、2回目接種時期を基に追加接種の接種券を発送する予定です。具体的な接種券発送時期や予約方法などは、今後、広報紙や回覧チラシ、ホームページ、市の公式LINEなどで随時お知らせします。

追加接種スケジュール(予定)

2回目接種終了時期

接種券発送時期

予約開始時期

接種開始時期

令和3年3月から5月まで

発送済み

勤務先等の医療機関で接種できる人は予約不要

令和3年12月から

勤務先等の医療機関で接種できない人は、「新型コロナワクチン予約専用ページ」でご案内します。 令和4年1月下旬から

令和3年6月頃

令和4年1月頃

令和4年2月頃

令和4年2月頃

令和3年7月頃 令和4年2月頃 令和4年3月頃 令和4年3月頃

令和3年8月頃

令和4年3月頃

令和4年4月頃

令和4年4月頃

令和3年9月以降

未定

未定

未定

(注意)2回目の接種を受けていない人には、追加接種の接種券は発送しません。

(注意)2回接種を受けた後に東松山市に転入した場合、事前に本市へ届出をした人に追加接種の接種券を発送する予定です。

65歳以上の高齢者の接種日時等の指定について

2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種した65歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)の人においては、追加接種(3回目接種)の予約負担を軽減するため、あらかじめ「接種日時」及び「接種会場」を市で指定させていただきます。追加接種の開始時期にあわせて対象者にお知らせする予定です(日時・会場の変更やキャンセルも可能)。

追加接種の接種券、予診票及び予防接種済証について

接種券一体型予診票・予防接種済証

接種券一体型予診票

予診票の右上に接種券があらかじめ印刷されています。(桜色の用紙)

(注意)シール台紙ではなくなります。

予防接種済証

1、2回目接種の接種履歴が印字してあります。3回目接種後は、3回分の接種済証として使用できます。

(注意)東松山市民でなかったときの接種記録は「*」が印字されます。

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム