現在の位置

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)更新日:2017年7月31日

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは

 脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃によって脊髄の硬膜が破れ、脳脊髄液が漏れ出し減少することで、頭痛やめまい、吐き気などのさまざまな症状を引き起こす病気とされています。


 埼玉県では、県内医療機関の協力のもと、「脳脊髄液減少症」の診療に関する調査を行い、その結果がホームページで公表されております。

外部関連リンク

埼玉県保健医療部医療整備課「「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」の診察・治療が受けられる医療機関」
特定非営利活動法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム