現在の位置

花の交流「古代蓮」更新日:2017年6月27日

平成24年度、埼玉県行田市と東松山市それぞれの市の花を交換するイベント「花の交流」を実施し、行田市の「蓮」と東松山市の「牡丹」を交換しました。

贈呈された行田市の蓮「古代蓮」は、市立図書館の駐車場に設置した池に植え、毎年6月下旬から8月上旬までの間、透き通ったピンク色の花を咲かせています。

古代蓮とは

行田市の天然記念物に指定されている行田蓮(古代蓮)は、原始的な形態を持つ1400年から3000年前の蓮であると言われています。

行田市の公共施設建設工事の際に、偶然出土した種子が自然発芽して甦り、池で開花しているのが発見されました。地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し、自然発芽して一斉に開花した事は、極めて珍しいことといわれています。

古代蓮の特徴

  • 花弁の色:ピンク
  • 花弁の数:13枚から18枚
  • 開花時期:6月下旬から8月上旬まで
  • 開花期間:4日間

kodaihasu

地図情報

お問い合わせ先
東松山市役所 都市整備部 都市計画課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-63-5001
ファックス:0493-24-8857
問い合わせフォーム