現在の位置

つくってためて安心な自立型エコタウン推進補助金(補助金の残額を更新しました)更新日:2017年12月13日

平成29年度・補助金の執行状況について

 補助金残額が少なくなってきておりますので、申請にあたっては十分ご注意をください。申請の受付は先着順です。予算額に到達した時点で申請受付は終了となります。

当初予算額 6,500,000円
交付決定額 5,600,000円

残額       900,000円(平成29年12月13日現在)

(注意)当初予算額、交付決定額、残額は補助対象4種(家庭用蓄電池、V2H、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車)を合わせた金額です。補助金額が5万円から20万円まで幅がありますので、残額についてはご留意ください。

補助金の目的

 東松山市エコタウンプロジェクトの目的である、エネルギーの地産地消、地球温暖化対策、及び災害に強いまちづくりの推進を図るため、家庭用蓄電池及びV2H、電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車の導入に対し、補助金を交付します。なお、補助金の一部を地域通貨「ぼたん圓(えん)」で交付します。

環境にやさしく、地域経済を元気に

地域通貨(ぼたん圓)とは(商工会HP外部リンク)

「地域通貨(ぼたん圓)」とは、市商工会が発行する市内限定の商品券で、どなたでもご購入いただけます。補助金の一部を地域通貨で交付することで地域経済の活性化にも効果があります。なお、ぼたん圓の有効期間は発行日から6か月間です。

補助内容

家庭用蓄電池及びV2H、電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車の導入に対し、補助金を交付します。

つくってためて安心な自立型エコタウン推進補助金の補助内容
区分 対象 補助金額 条件等
設備 家庭用蓄電池
太陽光発電システムで発電した電力や夜間電力を蓄え、停電時等に使用することができるシステム
20万円 太陽光発電設備(最大出力2.5kW以上)と同時設置の場合
15万円 上記以外
V2H
(ビークル・トゥ・ホーム)

電気自動車やプラグインハイブリッド自動車への充電のほか、車両から電力を取出し、家庭用の電力供給源として利用するためのシステム
20万円 自立運転時に太陽光発電設備との連携技術を備えた系統連系型V2H
  5万円 上記以外
車両 電気自動車
電池によって駆動する電動機を搭載した自動車
15万円 V2Hに係る補助申請を同時に行う場合
10万円 上記以外
プラグインハイブリッド自動車
外部電源からの充電が可能なハイブリッド自動車
10万円 V2Hに係る補助申請を同時に行う場合
  5万円 上記以外

 

補助要件

家庭用蓄電池

1   リチウムイオン蓄電池部(リチウムイオンの参加及び還元で電気的にエネルギーを供給できる蓄電池)及びインバータ等の電力変換装置を備えたものであること。

2   太陽光発電設備と連携可能で、公称最大蓄電池容量が4kWh以上のシステムであること。

3   国が平成25年度以降に実施の補助事業における補助対象機器として、一般社団法人環境共創イニシアチブにより登録されたものであること。

4   保証の開始日から30日以内のものであること。

5   リースでないこと。

平成25年度~26年度補助対象機器(定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業)
https://sii.or.jp/lithium_ion25r/device/search

平成26年度~27年度補助対象機器(定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業)
https://sii.or.jp/lithium_ion26r/device/search

平成27年度~28年度補助対象機器(住宅省エネリノベーション促進事業)
https://sii.or.jp/renovation27r/search/maker?tab=maker&category=battery#search

 

V2H(ビークル・トゥ・ホーム)

1   国が平成25年度以降に実施の補助事業における補助対象機器として、一般社団法人次世代自動車振興センターにより承認されたものであること。

2   保証の開始日から30日以内のものであること。

3   リースでないこと。

平成25年度補助対象機器(充電インフラ補助金)
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/hojo_hosei_saisoku.pdf

平成26年~27年度補助対象機器(充電インフラ補助金)
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/h26/h26_hosei_saisoku.pdf

平成28年度補助対象機器(充電インフラ補助金)
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/juden_pdf/h28/h28_jougen_meigara.pdf

 

電気自動車、プラグインハイブリッド自動車

1   初度登録から30日以内の車両であること。

2   V2Hと接続する機能又は外部給電を可能とする機能を有する車両であること。

3   自家用であること。

4   リース車両でないこと。

(注意)法人名義の車両は、対象となりません。

申請受付期間

平成29年4月3日(月曜日)~平成30年2月28日(水曜日)

市庁舎地下1階環境保全課窓口で受付を行います。
受付時間は、土曜日、日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分までです。

(注意)受付期間内であっても、予算額を超える申請があった場合は、受付を終了することがあります。
(注意)設置工事完了後、30日以内または平成30年3月26日(月曜日)のいずれか早い日までに実績報告書を必ず提出してください。
(注意)申請は、原則、事前申請です。工事前及び初度登録前にお願いします。申請から交付決定までには2週間程度かかります。
(注意)事後申請も可能ですが、補助金の交付を受けることができないこともあることを承諾したうえで補助事業に着手し、交付申請書と実績報告書を同時に提出してください。
事後申請は事業完了後から30日以内ものが対象となります。
なお、事後申請は平成30年3月26日まで受け付けています。
 

補助金の申請

補助金の交付申請については、下記の手引きや要綱等をご確認ください。
申請書は、下部の[関連する申請書]からダウンロードできます。
 

つくってためて安心な自立型エコタウン推進補助金交付申請の手引き(PDF:315.6KB)

補助金交付申請・実績報告に関するチェックリスト(PDF:169KB)

つくってためて安心な自立型エコタウン推進補助金交付要綱(PDF:202.5KB)

よくある質問一覧(PDF:93.9KB)

(参考)埼玉県、国の補助制度

(埼玉県)住宅省エネ設備導入支援事業補助金

(国)住宅省エネリノベーション促進事業費補助金

(国)住宅ストック循環支援事業補助金

(国)クリーンエネルギー自動車、充電インフラ補助金等

お問い合わせ先
東松山市役所 環境産業部 環境保全課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-63-5006
ファックス:0493-23-7700
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。