現在の位置

「埼玉県秋のプラごみゼロウィーク」の実施について更新日:2022年9月16日

埼玉県春のプラごみゼロウィーク

 埼玉県では「埼玉県秋のプラごみゼロウィーク」として、県民の皆様にプラスチックごみ問題を身近なものとしてとらえていただき、ごみの削減とリサイクル促進に向けた行動の呼びかけを実施します。ご理解とご協力をお願いいたします。

期間

令和4年9月17日(土曜日)から10月31日(月曜日)まで

内容

  • プラスチックごみについて考えてみましょう
  • プラスチックごみを出さないライフスタイル(生活様式)を実践しましょう
  • プラスチック資源の循環利用を促進するため、プラスチック製品を捨てる時はリサイクルしやすいように分別してすてましょう

プラスチックごみを出さないライフスタイル

 循環型社会を構築するための重要なキーワード「3R(スリーアール)」。これは「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」の3つの英単語の頭文字をとったものです。「3R」でプラスチックごみを出さないライフスタイルを実践しましょう。

あとで、ごみになるものは、もらわない!買わない!(Reduce:発生抑制)

  • 買い物にはマイバッグを持参し、レジ袋をもらわないようにしましょう。
  • お出かけにはマイボトルを持参し、使い捨て容器の購入は考えましょう。
  • 使わずにすむ時は、使い捨てのストローやスプーンなどはもらわないようにしましょう。
  • 簡易包装の商品を選んだり、過剰包装にならないようにしましょう。

ごみになりにくい商品を選んで繰り返し使いましょう!(Reuse:再使用)

  • 部品の取り替えが容易な商品を選んだり、修理をして繰り返し使いましょう。
  • 詰め替え可能な商品を選ぶようにしましょう。
  • 使わなくなったおもちゃや服は、使ってくれる人に譲ることも考えましょう。

ごみとして出す時は分別して捨てましょう!(Recycle:再生利用)

  • ペットボトルなど資源になるものは、適切に分別しましょう。
  • 資源として生かせば、ごみの減量になります。

彩の国「新しい生活様式」における地域清掃活動10のポイント(PDF:1,020.9KB)

関連リンク

埼玉県秋のプラごみゼロウィーク

環境省の「プラスチック・スマート」に参加しています

海ごみゼロウィーク

お問い合わせ先
東松山市役所 環境産業部 廃棄物対策課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1401
ファックス:0493-23-7700
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。