現在の位置

花いっぱい・夢いっぱい(令和元年度)更新日:2019年9月10日

このコーナーでは、花いっぱいによるまちづくりに取り組む地域や団体を紹介します。

花いっぱいの見出し画像

フラワーサポーター募集中

 地域支援課では、現在、フラワーサポーターを募集しています。
 フラワーサポーターとは、花の好きな方、花に興味がある方が集まり、公共花壇等の花を自由にアレンジメントしたり、花に関わるイベント等を企画・運営したりと、花を通じて、世代を問わずに人が集まるようなコミュニティの形成を目指すボランティアです。

 興味のある方は、地域支援課までご連絡ください。 

フラワーサポーターの活動様子の写真。花壇に花を植えている

フラワーサポーターの活動の様子。プランターに花を植えている

花いっぱい研修会

令和元年9月6日(金曜日)唐子地区体育館にて、東松山市と東松山市自治会連合会共催の花いっぱい研修会を開催しました。
講師に国営武蔵丘陵森林公園の山下英夫先生をお招きし、「比企の自然が誘う花いっぱい活動」をテーマにご講演をいただきました。
比企の自然やガーデニングの歴史について、また、東松山市らしいおもてなしガーデンについてお話をいただきました。
また、公益社団法人埼玉県農林公社の職員よりハーフ苗の植え方をご説明いただき、参加者には研修会終了後にハーフ苗をお持ち帰りいただきました。

山下先生の講演風景

客席の様子

山下先生の講演風景。スクリーンに説明を写している

農林公社職員による説明

東松山駅東口花壇・西口花壇整備

令和元年6月26日(水曜日)東松山駅東口花壇、プランターと西口花壇の整備を行いました。
伸びきった草花の剪定を終えたあと、植え込み作業を行いました。サポーターの方ひとりひとりが配置や色使いを工夫しながらニチニチソウやケイトウなどを植え込み、東口、西口ともに夏らしいさわやかな仕上がりとなりました。
東松山駅をご利用の際は花をご覧いただき、夏を感じてみてはいかがですか。

東口花壇の作業風景

東口プランターの作業風景

プランター完成品

西口花壇作業風景

フラワーサポーター交流会・ミニガーデン整備

令和元年5月27日(月曜日)フラワーサポーター交流会と総合会館前ミニガーデンの整備を行いました。フラワーサポーターの加入者も増え、コミュニティを強化しようと初めての交流会となりました。
交流会では、市長からエプロンの贈呈やフラワーサポーターの自己紹介を行いました。交流会の後に、アトリエかれんの鈴木先生の指導で花苗をプランターに植え込みました。つる性のマダガスカルジャスミンの花が立体的に飾られ、涼しげな仕上がりとなっております。
東松山市役所にお越しの際は、ぜひご覧ください。

フラワーサポーター集合写真

先生の講義に耳を傾けるサポーター

植付けの様子

ミニガーデン

ガーデニング講座(大岡花まつりを彩る寄せ植え・たねダンゴ作り)

平成31年4月11日(木曜日)大岡市民活動センターでガーデニング講座を開催しました。
講師にガーデンセンターさにべるの間室先生をお迎えして、大岡花まつりを彩る寄せ植えとたねダンゴ作りを行いました。
先生が考案した傾斜のあるコンテナに花苗を植え込み、最後にピラミッド形にコンテナを飾ると、見栄えのある作品に仕上がりました。
たねダンゴ作りの講習では、泥ダンゴの要領で10個ほどのたねダンゴを作りました。参加者からは植え方や管理方法など、質問も多く寄せられていました。

講座の様子

植付けをするサポーター

ピラミッド形に飾られた寄せ植え

たねだんごを作るサポーターたち

お問い合わせ先
東松山市役所 市民生活部 地域支援課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1435
ファックス:0493-23-2236
問い合わせフォーム