現在の位置

名木(21)弁天沼のエノキ

平成21年3月名木認定

弁天沼エノキ

所在地:岩殿1042

弁天沼は、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が悪龍を退治しその頭を岩殿山の麓ふもとに埋め、のちにその地に用水池を掘ったところ蛙が住みつかなかったことから別名「鳴かずの池」といわれています。
その弁天沼の脇にある幹周り約2メートル、樹高約8メートルのこのエノキは、初夏に淡黄色の花を咲かせます。
江戸時代には、一里塚(1里は約4キロメートル)といわれる旅人の目印にエノキが植えられ、木陰で休息をとれるように整備されたといわれています。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
東松山市役所 環境産業部 商工観光課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1427
ファックス:0493-23-7700
問い合わせフォーム

ページの先頭へもどる