現在の位置

金谷の餅つき踊り

金谷の餅つき踊り

昔、岩殿山に住む悪竜を退治した坂上田村麻呂に感謝して、喜びのあまり踊りながら「もち」をついてもてなしたのが始まりと言われています。現在、金谷の餅つき踊りは、毎年11月23日五穀豊穣を祈念して、上野本にある氷川神社で奉納されています。音頭をとる人を先頭に2列になり、大木遣りを歌いながら、杵をかつぎ神社に練り込みます。最初の「練り込み」から、せいろを持って登場する「せいろかぶ(む)り」、「大杵の両かぶ(む)り」「小杵のまわしけこみ」「小杵のよろけづき」などが演じられ、最後に「十文字つき」でもちがつきあがります。また、始めに「練り唄」、終わりに「仕上げつきの唄」が歌われます。餅つき踊りには、変化に富んだいろいろなつき方があります。基本は「三本杵」といって3人でつきますが、呼吸が合わないとうまくつけません。日ごろ、練習を重ねた保存会の皆さんの技に、驚かされることでしょう。つきあがった餅は奉納され、見物に訪れた皆さんにも配られます。

完全版(約17分)

金谷の餅付き完全版動画へのリンク付き画像

画像をクリックすると動画サイトへアクセスします。

再編集版(約3分)

金谷の餅付き踊り再編集版へのリンク付き画像

画像をクリックすると動画サイトへアクセスします。

奉納日

11月23日

奉納場所

氷川神社(上野本字宮後520)

指定年月日

昭和35年(1960年)3月1日(埼玉県指定文化財―無形民俗)

お問い合わせ先
東松山市役所 生涯学習部 生涯学習課 埋蔵文化財センター
〒355-0036
東松山市下野本528-1
電話:0493-27-0333
ファックス:0493-27-0334
問い合わせフォーム

ページの先頭へもどる