小児(5歳から11歳)の新型コロナワクチン接種更新日:2022年6月6日

予約サイト

小児接種を検討するにあたって

基礎疾患を有する等、重症化するリスクが特に高い小児は、接種の機会を提供することが望ましいとされています。ただし、小児のワクチン接種は、オミクロン株に対する発症予防効果、重症化予防効果に関するエビデンスが不十分であることを踏まえ、予防接種法上の努力義務の対象とされていません。感染症予防の効果と副反応のリスクを理解したうえで、接種の判断をしてください。

接種の同意

ワクチンの接種は強制ではありません。接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応リスクについて理解したうえで自らの意思で接種を受けていただいています。周りの人に接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

5歳から11歳のお子様と保護者の方への説明書

以下の説明書をお子様と一緒に読んで、ワクチン接種についてご検討ください。

小児接種説明書

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5歳から11歳のお子様と保護者の方へ)(PDF:9.8MB)

小児接種の予約

小児接種の予約方法等は、以下のとおりです。

接種券

令和4年3月2日(水曜日)に対象者に発送済みです。今後、新たに5歳に達する人や市外から転入した人の接種券については、以下のとおりです。

今後、新たに5歳に達する人

誕生日の月末に接種券を発送します。

市外から転入した人

転入の届け出をした日から1週間以内に接種券を発送します。

(注意)届け出は不要です。

接種日時

「東松山市新型コロナワクチン接種予約サイト」をご覧いただくか、コールセンター(電話(フリーダイヤル):0120-558-053)にお問い合せください。

接種会場

小児接種を実施する接種会場は、以下のとおりです。

(注意)各接種会場へ直接予約を申し込むことはできません。

現在実施している接種会場

  • こどもクリニックいとう小児科(大字岩殿)
  • 新井クリニック(大字西本宿)
  • いちごクリニック(大字東平)
  • 辻保順医院(大字新郷)
  • ハロークリニック(大字大谷)
  • 福島医院(新宿町)
  • ほしこどもおとなクリニック(大字上野本)
  • 吉田産婦人科内科医院(御茶山町)

予約方法

インターネット

以下の画像をクリック又はQRコードを読み取って予約サイトにアクセスし、必要項目を入力する。

新型コロナワクチン予約サイトバナー

コールセンター

コールセンター(電話(フリーダイヤル):0120-558-053)に電話する。

コールセンター

(注意)お電話のかけ間違いにご注意ください。

窓口予約

保健センター(材木町2-36)へ来所して予約する。

保健センター

  • 平日午前8時30分から午後5時まで

(注意)開庁時間と異なりますので、ご注意ください。

(注意)必ず接種券を持ってお越しください。

予約時の注意点

  • 各接種会場へ直接予約を申し込むことはできません。
  • 予約の変更をする場合は、一度キャンセルしてから再度お申込みください。キャンセル時点で他の日時・会場も予約が全て埋まっていることも考えられますので、ご承知おきください。

小児(5歳から11歳)の新型コロナワクチン接種

令和4年3月から、小児(5歳から11歳)の新型コロナワクチン接種が受けられます。詳細は、以下のとおりです。

接種対象者

5歳から11歳の人

国内における小児の新型コロナウイルス感染症の症例の多くは軽症ですが、小児においても中等症や重症例が増えることが予想されています。特に、慢性呼吸器疾患や先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有する小児は、接種が推奨されています。

(注意)12歳の誕生日の前日以降は、小児用ワクチンではなく、12歳以上向けのワクチンを接種します。

基礎疾患を有する小児とは

新型コロナワクチン接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等は、以下のとおりです。

  1. 慢性呼吸器疾患(慢性呼吸器疾患、気管支喘息(コントロール不良の難治性喘息))
  2. 慢性心疾患(先天性心疾患、後天性心疾患、心筋疾患、不整脈、肺高血圧、冠動脈疾患)
  3. 慢性腎疾患(慢性腎疾患、末期腎不全、腎移植) 
  4. 神経疾患・神経筋疾患(脳性麻痺、難治性てんかん・神経疾患、染色体異常症、重症心身障害児・者、神経発達症)
  5. 血液疾患(急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、ランゲルハンス細胞性組織球症、血球貪食症候群、慢性骨髄性白血病、再生不良性貧血、先天性好中球減少症などの骨髄形成不全、造血幹細胞移植後半年以降、原発性免疫不全、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病)
  6. 糖尿病・代謝性疾患(アミノ酸・尿素サイクル異常症、有機酸代謝異常症、脂肪酸代謝異常症、糖質代謝異常症、ライソゾーム病、ミトコンドリア異常症)
  7. 悪性腫瘍(小児固形腫瘍)
  8. 関節リウマチ・膠原病(リウマチ性疾患、自己免疫疾患、自己炎症性疾患、血管炎症候群)
  9. 内分泌疾患(副腎機能不全、下垂体機能不全など、甲状腺機能亢進症)
  10. 消化器疾患・肝疾患等(炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、胆道閉鎖症(葛西術後)、肝移植、小腸移植後、自己免疫性肝炎、原発性硬化性胆管炎、肝硬変、肝不全、短腸症)
  11. 先天性免疫不全症候群、HIV感染症、その他の疾患や治療に伴う免疫抑制状態
  12. その他の小児領域の疾患等
  13. 海外での長期滞在を予定する者

【公益社団法人日本小児科学会】新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方及び接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等

使用するワクチン

ファイザー社製の小児用ワクチン

ファイザー社製の12歳以上のものに比べ、有効成分が3分の1になっている小児用ワクチンを使用します。

小児接種で使用するワクチンについて
ワクチン 接種回数 1回目と2回目の接種間隔 接種対象年齢
ファイザー社製の小児用ワクチン 2回 通常3週間 5歳から11歳

接種費用

無料(全額公費負担)

小児接種の安全性と効果

小児接種の安全性

副反応

注射した部分の痛みが一番多く現れます。ワクチンを受けた後の症状は、ほとんどが軽度または中程度であり、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められないと判断されています。ワクチンを受けた後、数日以内に起こることがある症状は、以下のとおりです。

数日以内に起こることがある症状
症状が出た人の割合 症状
50パーセント以上 注射した部分の痛み、疲れた感じ
10から50パーセント 頭痛、注射した部分の赤み・はれ、筋肉痛、寒気
1から10パーセント 下痢、発熱、関節痛、嘔吐

心筋炎

米国では、12歳から17歳の男子に比べ、5歳から11歳の男子の方が心筋炎が報告される割合が低いとされています。ワクチン接種後4日程度の間にお子様に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

5歳から17歳のワクチン接種後の心筋炎報告数(100万回接種あたり)
年齢 男性 女性
1回目 2回目 1回目 2回目
5歳から11歳 0.0 4.3 データなし 2.0
12歳から15歳 4.8 45.7 1.0 3.8
16歳から17歳 6.1 70.2 0.0 7.6

小児接種の効果

5歳から11歳における2回接種後7日以降の発症予防効果は、90.7パーセントと報告されています。また、感染時の重症化を防ぐことが期待されています。

(注意)オミクロン株が出現する前のデータです。

接種を受けるにあたって

予診票への保護者の署名

16歳未満の方が接種を受ける場合は、予診票の署名欄に保護者の署名が必要です。予診票に保護者の署名がなければ、接種は受けられません。

<予診票署名欄>署名欄

保護者の同伴

5歳から11歳の接種は、原則、保護者の同伴が必要です。

(注意)保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。

本人確認書類の持参

接種当日は、本人確認書類(マイナンバ―カード、被保険者証等)をご持参ください。本人確認書類がない場合は、接種できませんのでご注意ください。

未就学時の母子健康手帳の持参

未就学児の子どもの接種履歴は母子健康手帳で管理しているため、接種当日は、母子健康手帳を必ずご持参ください。

他の予防接種との接種間隔

前後に他の予防接種を行う場合、新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。詳細は、以下のページをご覧ください。

接種後の注意点

接種後の注意点については、以下の資料をご覧ください。

接種後の注意点(5歳から11歳の子どもと保護者用)

接種後の注意点(5~11歳のお子様と保護者用)(PDF:4.8MB)

関連リンク

【厚生労働省】5から11歳のこどもへの接種(小児接種)についてのお知らせ

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 健康推進課(保健センター)
〒355-0016
東松山市材木町2-36
電話:0493-24-3921
ファックス:0493-22-7435
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。