新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税、後期高齢者医療保険料及び介護保険料の減免について更新日:2020年9月1日

 新型コロナウイルス感染症の影響により納付が困難になった世帯は、一定の要件を満たした場合、申請により令和元年度分及び令和2年度分(令和2年2月から令和3年3月納期分まで)の減免を受けることができます。

対象世帯

 対象世帯であるかどうかの判定は、フローチャートを御利用ください。最大で3つの制度(国民健康保険、後期高齢者医療制度及び介護保険)が減免対象になります。

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(国民健康保険及び後期高齢者医療制度は世帯主。以下同じ)が死亡した又は重篤な傷病(治療に1か月以上かかる等)を負った世帯の方
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる次の要件すべてに該当する世帯の方
  • 主たる生計維持者の事業収入、給与収入、不動産収入又は山林収入のいずれかの令和2年中の減少見込み額が、令和元年中の10分の3以上であること
  • 主たる生計維持者の令和元年中の所得が次の一定額を超えないこと
    減少が見込まれる収入以外の所得の合計が400万円 
    所得合計額が1,000万円(国民健康保険及び後期高齢者医療制度のみの要件)

フローチャート(PDF:459.1KB)

主たる生計維持者

 減免は、主たる生計維持者の収入減少により判定します。主たる生計維持者が被保険者である必要はありません。なお、主たる生計維持者とは、国民健康保険及び後期高齢者医療制度の場合「世帯主」のことをいいますが、介護保険は、世帯主に限らず、最も収入の多い人が生計維持者となります。

申請方法

 該当すると思われる方は、次の方法により申請書等を取得し郵送により提出してください。期限までに減収が見込むことが困難であるなど、やむを得ず提出が期限後となる場合はご相談ください。

  • ホームページからダウンロード
  • 保険年金課に電話連絡し郵送で受取り
  • 保険年金課、高齢介護課で受取り

 申請書等は「制度共通のもの」「制度ごとのもの」があり、この他に申請者が用意する書類もあります。詳細は次のファイルを御覧ください。

制度共通のもの(2点とも必須)

減免申請提出物チェックシート(記入例あり)(PDF:254.6KB)

収入減少の申立書(記入例あり)(PDF:446.9KB)

制度ごとのもの

 国民健康保険税が対象になる方は、減免申請書のほか期限延長申請書(令和元年度分・令和2年度分の計2枚)も併せて提出してください。

国民健康保険税減免申請書(記入例あり)(PDF:211.3KB)

国民健康保険期限延長申請書(記入例あり)(PDF:329.1KB)

後期高齢者医療保険料減免申請書(記入例あり)(PDF:298.7KB)

介護保険料減免申請書(記入例あり)(PDF:230.6KB)

一括ダウンロード

申請書等一括(PDF:1.8MB)

申請書等一括記入例(PDF:2.2MB)

減免の適用

 減免額は所得などに応じて各年度に適用します。

令和元年度分

 既に納期限を過ぎているため、納付済の場合は還付します。

令和2年度分

 原則として、申請月の翌月の納期から減免を適用します。それまでの分は納期どおりに納付してください。納めすぎになった場合は、後日還付します。

減免額の計算方法

国民健康保険税の減免額の計算

後期高齢者医療保険料の減免額の計算

介護保険料の減免額の計算

お問い合わせ先
東松山市役所 健康福祉部 保険年金課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1403
ファックス:0493-23-0076
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。