現在の位置

文化財講演会 「3D技術でせまる将軍塚古墳の謎」を開催します。更新日:2017年11月2日

イベント情報詳細
概要

三次元地形測量などの非破壊調査でわかった県指定史跡 将軍塚古墳の築造時期や内部構造について紹介する講演会です。

日時 2017年12月10日(日曜日)

開場 午後0時30分
開演 午後1時
終了予定 午後3時30分

場所 野本市民活動センター
定員

200名(先着順) 定員に達したため、受付を終了しました。

内容

定員に達したため、申込みの受付を終了しました。

 東松山市大字下野本に所在する、埼玉県指定史跡 将軍塚古墳は県内有数の規模を誇る前方後円墳です。
 しかし、この古墳の学術調査は過去に行われたことがなく、いつ造られたのか、わかりませんでした。
 平成29年3月に早稲田大学考古学研究室の協力を得て、三次元地形測量調査と地中レーザー探査を中心とする非破壊調査を実施しました。

 今回の講演会では、調査によってわかった将軍塚古墳の築造時期や内部構造などについて、調査を担当した城倉正祥氏(早稲田大学文学学術院准教授)にお話をしていただきます。あわせて、市職員による市内の古墳の紹介も行います。
 東松山市の古代の歴史に触れられる貴重な機会です。ぜひ、ご参加ください。

費用

無料

備考

駐車場に限りがありますので、できるだけ相乗りや徒歩または自転車等でお越しください。

申込 必要

定員に達したため、受付を終了しました。

問い合わせ先 東松山市役所 教育部 社会教育課 埋蔵文化財センター
〒355-0036
東松山市下野本528-1
電話:0493-27-0333
ファックス:0493-27-0334
問い合わせフォーム