現在の位置

ひがしまつやま災害臨時号(かわら版)Web版更新日:2020年10月21日

このたびの災害で被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
このページは、被災地で配布している「ひがしまつやま災害臨時号」(かわら版)をWebページ版として編集したもので、被災された方の生活支援に関する情報をお知らせいたします。

各項目について概要のみを記してありますので、詳細についてはリンク先をご確認ください。 

(注意)「とき」の欄がない場合の時間は、原則、午前8時30分から午後5時15分です。

令和元年東日本台風被害への対応(担当課一覧|市民相談窓口|かわら版など)

相談したい

災害相談窓口

令和元年東日本台風による災害で被害を受けた方への相談窓口を開設しています。

平日8時30分から午後5時15分

毎週日曜日 午前8時30分から午後0時30分も開設しています。

ところ・問合せ

危機管理課 被災者生活再建支援室

電話:23-2221(内線485・486) ファックス:22-7799

内容

災害被害に関する各種相談

令和元年東日本台風に関する市民相談窓口

住宅に関する相談窓口

住宅に関する相談は、住宅建築課でお受けしています。

ところ・問合せ

住宅建築課(分室2階)

電話:21-1424   ファックス:24-8857

【住まい・再建】住宅支援相談窓口

災害ボランティアの派遣依頼

ご自宅の片づけ等にボランティアの協力を依頼したい場合は、ボランティアセンターをご利用ください。

とき

午前8時30分から午後5時15分

ところ・問合せ

ボランティアセンター(東松山市社会福祉協議会 地域福祉課)
松本町1-7-8(市民福祉センター内)

電話:23-1251 ファックス:23-8898

内容

  • 撤去作業(室内・室外)
  • 家具等の移動
  • 泥の除去(床下・家の周り・共同溝)
  • 話し相手 など

申込み

電話又はファックスで(ファックスは24時間受付)

住まいのこと

浸水被害家屋の消毒等

感染症予防のためには、清掃と乾燥が最も重要です。

消毒は、必ず泥や汚れを取り除いた後で使用します。清掃が不十分だと、効果を発揮できません。

ご家庭で消毒薬を使用する際には、取り扱い説明書に従い、事故が起こらないよう注意をしてください。

内容

清掃や消毒の方法の詳細はリンク先でご確認ください。

消毒作業の実施が困難な方は健康推進課にご相談ください。

問合せ

健康推進課(保健センター)

電話:24-3921 ファックス:22-7435

水害時の感染症予防(消毒等)

賃貸型応急住宅

住宅が災害により一定の被害を受け、そのままの状態では住むことができない場合で、自らの資力では住居を確保することができない方に対して、災害救助法に基づき民間賃貸住宅を無償で提供する制度です。

申込みの受付を令和2年12月25日(金曜日)をもって終了することとなりました。

ところ・問合せ

住宅建築課(分室2階)

電話:21-1424 ファックス:24-8857

内容

入居期間

 最長2年間

対象となる賃貸住宅

  • 1~2人世帯    月額7万円以内
  • 3~4人世帯    月額8万5千円以内
  • 5人以上の世帯  月額11万円以内

【住まい・再建】賃貸型応急住宅(12月25日申込受付終了)

住宅の応急修理制度

住宅が、「全壊」「大規模半壊」又は「半壊」の方を対象に、日常生活に最低限必要な場所を確保するために必要最低限の修理をする制度です。

ところ・問合せ

住宅建築課(市役所 分室2階)

電話:21-1424 ファックス:24-8857

内容

  • 全壊、大規模半壊、半壊  1世帯あたり 59万5千円
  • 一部損壊(準半壊)      1世帯あたり 30万円

対象

  • 屋根、基礎、外壁、床、畳、柱、ドア、窓など
  • 水道、電気、ガスなどの配管、便器、浴槽、給湯器など

【住まい・再建】住宅の応急修理(7月29日時点 指定業者追加)

くらしのこと

道路等の規制情報(準備中)

災害ごみ(災害廃棄物)の受け入れ

令和元年東日本台風により家庭で出た災害ごみ(災害廃棄物)は、仮置場へ持ち込んでください。

直接持ち込むことができない場合はご相談ください。

ところ

仮置場 西本宿不燃物等埋立地(西本宿2400-1)

内容

受け入れるごみ

  • 令和元年東日本台風により家庭から出た災害ごみ(災害廃棄物)

受け入れできないごみ

  • クリーンステーション(ごみ集積所)に出せるごみ
  • 事業系ごみ
  • 分別していないごみ

持ち物

  • 運転免許証など住所を確認できるもの
  • り災証明書

一般廃棄物処理手数料は減免

問合せ

廃棄物対策課(本庁舎地下1階)

電話:21-1401 ファックス:23-7700

令和元年東日本台風により家庭から出たごみの受入れについて

浴場の無料開放

令和元年東日本台風によりご自宅での入浴が困難な方は市民福祉センター又は市民健康増進センターの浴場を無料でご利用いただけます。

新型コロナウイルスによる影響を考慮し、市民健康増進センターは令和2年3月2日から休館します。
市民福祉センターの浴場は被災者の方を対象に、午後4時から午後8時の間のみ開放します。

ところ

浴場(施設)一覧
施設名称 所在地 電話番号 入浴時間
市民福祉センター 松本町1-7-8 23-1251 午前10時から午後8時
(入場は午後7時30分まで)
市民健康増進センター 神戸885-1 31-2660 午前10時から午後9時

問合せ

高齢介護課(分室1階)

電話:21-1460 ファックス:22-731

物資の支給

下記の市民活動センターにて物資を支給しています。

(注意)物資の数量は変動しますので、お越しになる前に電話でご確認ください。

ところ・問合せ

市民活動センター
名称 所在地 電話番号
高坂市民活動センター 宮鼻860-2 34-3730

内容

食料、毛布、ブルーシート、土のう袋 等

(注意)ブルーシート、土のう袋については、市民相談窓口(市役所分室1階被災者生活再建支援室)でも配布しています。

一時避難場所で物資を支給しています

お金のこと

り災証明・被災証明

り災証明や被災証明は、各種被災者支援策の適用の判断材料として幅広く活用されます。

市では強風や浸水等の災害により被災した家屋等について、「り災証明書」や「被災証明書」の発行等を実施しています。

り災証明は、家屋についての証明で、被災証明は、家財道具、車などの証明です。

ところ・問合せ

課税課・収税課(本庁舎1階)

電話:21-1438・1444・1409 ファックス:23-2238

持ち物

  • 本人確認ができるもの(運転免許証等)
  • 家屋の被害状況が分かる写真

り災証明書の申請書は課税課窓口でお渡しいたします。(市ホームページからダウンロードもできます。)また、一時避難場所にもあります。

(注意)り災証明書の発行には、現地調査を実施する必要があります。
(注意)り災証明書は様々な手続きで必要となります。コピーをとっておくと便利です。

令和元年東日本台風による「り災証明書」

災害見舞金

令和元年東日本台風により住居に被害を受けた方に、災害見舞金を支給します。

ところ・問合せ

社会福祉課(分室1階)

電話:21-1455 ファックス:24-6066

対象者

本市に住民票のある方で、災害により住居に被害を受けた方

内容

  • 全壊  10万円以内
  • 半壊  4万円以内
  • 床上浸水  1万円以内

持ち物

  • り災証明書
  • 印鑑
  • 振込先のわかるもの
    (通帳、キャッシュカード)

【経済・生活支援】災害見舞金の支給

被災者生活再建支援制度

災害により居住する住宅などが「全壊」や「大規模半壊」など、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して支援金を支給する制度です。

基礎支援金の申請期間が令和3年3月31日(水曜日)まで延長されました。

ところ・問合せ

被災者生活再建支援室(分室1階)

電話:23-2221 ファックス:22-7799

対象者

令和元年10月12日時点東松山市に在住し、り災証明書による程度が以下に該当となる世帯。

  1. 住宅が「全壊の世帯」
  2. 住宅が「大規模半壊」、「半壊」等し、その住宅をやむを得ず「解体した世帯」
  3. 住宅が「大規模半壊の世帯」

内容

  1. 基礎支援金
     住宅の被害程度に応じて、世帯に支給する支援金
  2. 加算支援金
     住宅の再建方法に応じて、世帯に支給する支援金

申請期日

  1. 基礎支援金
     令和3年3月31日
  2. 加算支援金
     令和4年11月11日まで(発災日から37か月)

 

【経済・生活支援】被災者生活再建支援制度

国民年金第1号被保険者に対する保険料免除

令和元年東日本台風により被害を受けられた方には、申請により国民年金保険料の免除を受けることができます。

ところ・問合せ

保険年金課(本庁舎1階)

電話:21-1434  ファックス:23-0076

対象者

被害が最も大きい財産に係る損害がおおむね2分の1以上

内容

  • 免除割合 全額
  • 免除期間 令和元年9月分から令和3年6月分

持ち物

  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請書
  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届

(注意)免除を受けた場合は、納付した場合に比べ、年金額が少なくなります。

【経済・生活支援】国民年金(第1号被保険者)保険料免除

市税等の減免

申請により市税等を減免する制度があります。

内容・ところ・問合せ等

市税等減免対象一覧
内容 ところ・問合せ
市県民税

課税課 (本庁舎1階)

電話21-1438 ファックス23-2238

固定資産税・都市計画税

課税課 (本庁舎1階)

電話21-1444 ファックス23-2238

国民健康保険税

保険年金課 (本庁舎1階)

電話21-1403 ファックス23-0076

後期高齢者医療保険料

保険年金課 (本庁舎1階)

電話63-5004 ファックス23-0076

介護保険料

高齢介護課 (分室1階)

電話21-1460 ファックス22-7731

対象

対象についてはそれぞれのリンク先をご確認ください。

持ち物

  • 減免申請書
  • り災証明書

【経済・生活支援】国民健康保険税の減免

【経済・生活支援】後期高齢者医療保険料の減免

【経済・生活支援】令和元年東日本台風に係る介護保険料の減免

水道料金及び下水道使用料の減免

申請により水道料金及び下水道使用料が減免となります。

ところ・問合せ

上下水道経営課

電話:22‐1123 ファックス:22‐4389

対象者

令和元年東日本台風により浸水の被害を受け、り災証明書の交付を受けた水道使用者及び下水道使用者

(注意)対象の方には、郵送でご案内を送付します。

内容

  • 奇数月検針:令和元年12月請求金額相当分
  • 偶数月検針:令和2年1月請求金額相当分

水道料金等の減免

NHK放送受信料の免除

申請によりNHK放送受信料が免除になります。

ところ・問合せ

NHKさいたま西営業センター

〒350-1123 川越市脇田本町14‐23 カーニープレイス川越1階

電話:049-246-3111 (平日10時から17時まで)

対象

令和元年東日本台風により半壊又は床上浸水以上程度の被害を受けた建物

免除期間

令和元年10月から令和2年3月までの6か月間

し尿処理手数料の減免

令和元年東日本台風により被災された方のし尿汲み取りに伴う処理手数料を減免します。

ところ・問合せ

下水道施設課 環境センター

電話:24-2888 ファックス:24-2838

対象者

令和元年東日本台風により、家屋への浸水(床上、床下)の被害を受け、り災証明書の申請を行ったし尿汲み取り便槽使用者

内容

減免金額:被災から令和元年12月末までの初回汲み取りに限る請求金額相当分

(注意)減免には申請が必要です。り災証明書を申請した方で平成30年度にし尿汲取り履歴のある方には、郵送でご案内をします。

浄化槽清掃費補助金について

令和元年東日本台風により被災された方のし尿汲み取りに伴う処理手数料を減免します。

ところ・問合せ

下水道施設課 環境センター

電話:24-2888 ファックス:24-2838

補助要件

  1. 市内の専用住宅、又は事務所に浄化槽を設置していること。
  2. 災害により家屋への床上・床下浸水が発生し、泥水等が浄化槽へ流入していること。
  3. 令和2年3月19日までに浄化槽の清掃を実施していること。

補助額

浄化槽の清掃に要した費用の2分の1(100円未満切捨て、上限10,000円)

必要書類

  1. 補助金交付申請書
  2. 清掃の領収書の写し
  3. り災証明書の写し

(注意事項)

  • 災害発生から令和2年3月19日までに実施した清掃のうち、初回の清掃費用に限り補助対象となります。
  • 申請期限は令和2年3月27日です。
  • り災証明書が発行された方が対象です。

健康・医療

国民健康保険被保険者証・後期高齢者医療被保険者証をなくした

ところ・問合せ

保険年金課(本庁舎1階)

電話:21-1403・63-5004 ファックス:23-0076

医療機関への受診

国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証を消失し、緊急に医療機関を受診する必要が生じた際は、次の事項を医療機関にお伝えください。

  • 東松山市国民健康保険(後期高齢者医療制度)に加入していること
  • 氏名
  • 生年月日
  • 連絡先(住所・電話番号)
  • 性別

健康保険証の再交付

国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証を紛失・消失した場合には、保険年金課で再交付申請を行ってください。

子育てのこと

一時保育

自宅等の片付けの際に、保育園でお子様を預かります。

とき

一時保育
曜日 時間
月~金曜日 午前8時30分から午後5時
土曜日 午前8時30分から午後0時30分

ところ・申込み

施設一覧
名称 所在地 電話番号
まつやま保育園 加美町6-16 22-1194
わかまつ保育園 若松町1-18-1 22-3962

申込は各施設に直接電話

対象

0歳児から5歳児まで

【注意】0歳児は、まつやま保育園で受け入れています。

問合せ

保育課(総合会館2階)

電話:21-1407 ファックス:23-2239

【経済・生活支援】【子育て】一時保育による無料預かり

子育て支援センターの利用

被災された方は、無料で利用できます。

利用時間

9時30分から16時30分まで

ソーレ:木曜日休館  マーレ:水曜日休館

ところ・問合せ

ソーレ

電話:23-2231 ファックス:23-2232

マーレ

電話:35-3521 ファックス:35-3522

内容

利用方法:名簿に住所、氏名等を記入いただきます。

児童扶養手当・ひとり親家庭等医療費の特例措置

申請により、所得制限の適用をしないこととします。

ところ・問合せ

子育て支援課(総合会館2階)

電話:21-1461 ファックス:23-2239

対象

各制度の受給資格者のうち、台風第19号により、住宅、家財又はその他の財産につきおおむね2分の1以上の損害を受けた方

内容

所得制限をいったん解除します。(全部支給や受給資格の停止解除とします。)

(注意)被災した年の所得が所得制限額を上回った場合、支給した手当・医療費を後日返還していただきます。

適用期間

  • 児童扶養手当 令和2年10月まで
  • ひとり親家庭等医療費 令和2年12月まで

【経済・生活支援】【子育て】子育て支援情報

母子家庭・父子家庭・寡婦の方対象の、福祉資金貸付制度、償還金の支払猶予

ところ・問合せ

埼玉県西部福祉事務所

電話:049-283-6800 ファックス:049-283-7891 

〒350-0212 埼玉県坂戸市石井2327-1

対象

母子家庭、父子家庭、寡婦

内容

貸付制度

 経済的な自立と生活の安定を図るために必要な経費を貸し付けます。住宅に被害を受けた方への資金の貸し付けも行っています。

償還金の支払猶予

 既に各種資金について貸付けを受けた方が、災害により支払期日に償還を行うことが著しく困難になった場合には、償還金の支払の猶予を受けることができます。

【経済・生活支援】【子育て】子育て支援情報

関連リンク

令和元年東日本台風被害への対応(担当課一覧|市民相談窓口|かわら版など)

お問い合わせ先
東松山市役所 秘書室 危機管理課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1405
ファックス:0493-22-7799
問い合わせフォーム