現在の位置

30キロコース更新日:2018年5月31日

スタート(中央会場:松山第一小学校校庭)→吉見百穴→吉見湖(大沼・天神沼)→息障院→吉見町武道館→東平・平野市民活動センター→大岡市民活動センター→串引沼・比丘尼山→森林公園中央口~南口→森林公園駅北口前→ゴール(中央会場:松山第一小学校校庭)

30キロコースの風景1

30キロコースの風景2

50、40キロコースと分かれた30、20キロコースは吉見百穴を見学してから分岐します。吉見百穴は古代人の墓の跡。無数の洞窟は、第二次大戦の終わりころに軍需工場として改造されたこともあり、かなり広いものもあります。30キロコースは百穴の裏手を上り、大沼、天神沼の畔を歩き、源範頼ゆかりの息障院を過ぎ、吉見町武道館にて地元の歓迎を受け、巡礼坂から坂東十一番札所吉見観音へ。高台のふるさと歩道からは日光連山と熊谷市、外秩父連山と東松山市が一望。足元には岩鼻運動公園が広がります。急坂を下り、月中川の花水木通りを進めば、お待ちかね東平の梨の里。毎年1トン近い梨を冷蔵保存して皮をむいての大おもてなし。梨畑や田畑の広がる田園地帯を抜けると、目にも鮮やかな建物が現れます。風車も備えたオランダ風の建物は大岡市民活動センターです。突然、オランダを歩いている気分になれるでしょう。裏手からウオーキングトレイルをたどり比企氏ゆかり串引沼、比丘尼山を経てかりん街道で20キロと合流、森林公園中央口から園内へ。その後、3キロほど続く森林公園緑道を気持ちよく歩き、ゴールへ向かいます。

お問い合わせ先
東松山市役所 教育部 スポーツ課
〒355-8601
東松山市松葉町1-1-58
電話:0493-21-1439
ファックス:0493-23-2239
問い合わせフォーム